ゴールデンシティ、慶州

WaljungGyo Bridge

『タマムシ電気自動車』の運行開通式

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 慶州の新しい体験観光 >

20130328.jpg

史跡地の活用と観光客に特別な体験プログラムを提供することを目的として慶州市で推進しているタマムシ電気自動車の運行開通式が、2013年3月28日に東部史跡地内の瞻星台西側の芝生広場で開催された。

この日の行事は風物牌(プンムルペ)の公演、大芩の演奏、四物ノリなどの式前行事などで盛り上がり、儀式行事を終えて参加者は順にタマムシ電気自動車に試乗した。

タマムシ電気自動車は、皇南大塚で発掘された馬鞍の装飾品などに1,500年前から模様として使われた天然記念物第496号のタマムシを形象化して、環境にやさしい開放型に製作された。

2台の車両をつなげて22名が搭乗し、鶏林、郷校、崔氏古宅、郊村、月浄橋、花団地、月城広報館を経由してチケット売り場まで約2.9kmの距離を1日15回ほど運行する。

  去る2月25日から30日間慶州市民1,200名余りを対象に試乗を行い、3月29日からは慶州を訪れる観光客に新しい体験の喜びを与える。
파일
이전글
慶州市-スロバキア・ニトラ市と友好都市意向書を締結
다음글
思い出と愛を詰め込んだベンチ寄贈事業、順調